ネイルサロンオーナーの年収は低い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

はい。

 

ネイルサロン経営者をしています。

 

正直に言います。

 

それほど年収は高くありません。

 

 

 

 

ネイルサロン経営者は儲からない?

 

ネイルサロン経営ってそれほど儲からないですよ。

 

 

なぜなら、

 

今、客単価が下がり、

 

ネイリストの人件費も上がり、

 

宣伝広告費にもそれなりにお金が掛かりますからね。

 

 

想像以上に貧乏ですよ。

 

 

それに大変ですからね~、ネイルサロン経営って・・・

 

 

 

 

で、年収はいくら?

 

はい。

 

これはあくまでも私の場合ですよ。

 

 

私は、年収だと360万円程度です。

 

 

ここから諸々税金が引かれますので、

 

手取りは、200万円台です。

 

 

ショックですか?

 

 

はい。

 

私もショックです。

 

 

ネイルサロンって儲からないんだな~ってつくづく思います。

 

 

 

 

カラクリもあります。

 

自分でネイルサロンを経営していると、

 

自分で時間を作る事が可能です。

 

 

雇われてネイリストをする場合ですと、

 

決まった時間にお店に出勤して、

 

決まった時間までお店に居なければいけません。

 

 

完全に時間に関しては奴隷状態ですよね。

 

 

 

でも、

 

自分が経営するネイルサロンなので、

 

ある程度は自由に自分で決められます。

 

 

もちろん、

 

お店が忙しい時に、

 

率先して自分だけ帰るような事はしませんよ~。

 

 

 

 

そして経費です!

 

経費ですよ。

 

経費。

 

 

雇われてネイリストをしていると、

 

経費なんて自由に遣えませんよね。

 

 

でも~、

 

ネイルサロンを自分で経営していると、

 

色々と経費で買えちゃうんです。

 

 

大きい物だと、車とか。

 

喫茶店でお茶をするのも経費にできます。

 

昼食も経費にできます。

 

まあ、結構、色々な物を経費で買う事が出来ます。

 

経費で買うものはすべてお店名義で買います。

 

 

 

個人名で買う事はもちろんしません。

 

 

経費で買う事により、

 

お店の利益額が減ります。

 

そうすると法人税も安くなるんです。

 

 

もちろん、

 

それだけの売上と利益が出ないと経費どころの話ではないのですがね。

 

 

万年赤字では、

 

経費で節税をする事なんて考えられないですからね~。

 

 

 

 

 

 

税金対策は大切な事だと個人的には思います。

 

最初に言いました私の年収360万円。

 

決して高くはないです。

 

でも、

 

自分の年収を低くすることにより税金対策になります。

 

 

年収が上がれば、

 

それに乗じて、

 

税金額も上がります。

 

 

もし、

 

自分でネイルサロンを開業するなら、

 

税金の事もちゃんと考えておいたほうが良いですよ。

 

 

税金は、

 

本当に怖いですから~。

 

 

ちなみに税理士さんは、

 

早めに見つけておいたほうが良いですよ。

>>近所の税理士を探している方はコチラ

 

 

 

ネイルサロンを経営しているという事は、

 

税金の事を知らなくてはいけませんので。

 


 

 

人気の記事

 

・副業でネイルサロンを始めた一般人がことごとく失敗していく

 

・ネイルサロンを開業してもお客さんが来ない

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*